乳酸菌の効果 ヤクルト編

乳酸菌の効果 ヤクルト編

腸の中には有害な菌と無害な菌が混在しています。
有害な悪玉菌が増えると腸の働きが悪くなり、運動機能も低下するので便秘になりやすくなります。
さらに便秘が続く悪玉菌が増えるというように悪循環が連続してしまうという結果になります。
自分で殺菌できる場所ではありませんから、食べ物や飲み物の力を借りて有害な菌を取り除く必要があります。
ここで有効に働くのが乳酸菌です。
同じ菌ではありますが、腸内に必要な菌であり、これが増える事によって悪玉の菌を排出する事が出来ます。

 

さらに免疫力を高める効果もあります。
腸内には免疫の元になるナチュラルキラー細胞が備わっていますが、乳酸菌によって腸が元気に働くようになればこの免疫細胞も機能が上がりますから結果的に免疫が上がります。
アトピーやアレルギーなどの症状も免疫の低下が原因である場合もありますし、子供の身体はこれから免疫力が決まってくる年齢ですから、積極的に摂取していくのが良いでしょう。

 

ヨーグルトなどに多く含まれているというイメージが強いですが、手軽に飲めるヤクルトにもたくさんの乳酸菌が含まれています。
ヤクルトであればいつでも手軽に飲めますし子供も好きな味ですから無理なく生活に取り入れられます。